バイナリーオプション会社の厳選ガイド

バイオプで勝つための方法とは

バイオプは、知識がない人でも簡単に大きな利益を得ることが出来るかのようなことがインターネットサイトでは多く書かれているように感じています。確かに、まぐれで多少の利益を手にすることが出来るという場合もあるかもしれません。しかし、それはあくまでも運です。幸運が続くことは残念ながらそれほど長くはありません。株式投資でもFXでも同様の事が言えますが、将来を運に任せるということは非常に危険なことであると自覚する必要があります。では、バイオプで多額の利益を得ることは不可能なのでしょうか。私はそうは思いません。しかし、利益を得るためには、それなりの努力が必要になることも事実です。

 

私の場合、取引を始めた頃は全く経済についても取引についても知識はありませんでした。ただ単に、話題になっている金融取引であるから、また、簡単に勝てるという記事が多くのインターネットサイトで見られたということから安易な気持ちで始めました。最初のうちは、10分後の通貨の上下を予想するという取引を行なっていました。知識がありませんので、全てが勘です。外れる時もあれば、運良く当たる時もあります。まさにギャンブルでした。そのうち、外れることが多くなっていきました。わずかに得ることが出来た利益は、あっという間に無くなりました。

 

私がバイオプについての勉強をし始めたのは、それからでした。しばらくは、取引を中止し、勉強することに専念しました。新聞を読んだり、いろいろな人のブログを読んだりして、自分なりの取引のルールを決めました。一度決めたルールは最低でも1ヶ月は勝っても負けても続けました。その上で、問題点を修正し、勝率を上げていくということを心掛けました。
決められたルールに従って行う取引には、感情は必要ありません。私のルールはまだ未完成です。これからも少しでも勝率を上げることが出来るように考えていきたいと思っています。

 

 

詐欺バイオプ業者に引っかからないために

 

世の中には投資詐欺というものがあります。それは国内だけでなく、海外も一緒です。日本ではバイオプが金融庁に規制され、一部のトレーダーが海外のバイオプ業者へ流れました。海外の詐欺グループもそういった事情から、日本人をターゲットとしたサイトを複数立ち上げました。これはバイオプ業者に限らず、他の証券会社やFXブローカーでも言えることですが、取引する会社が透明性のある会社かどうかしっかり調査することが大切です。

 

預けるお金は大切な資産です。詐欺や詐欺まがいなことをする業者は、入金したお金すら出金できなくなることがあります。インターネットで出金トラブルを抱えていないか検索すると良いでしょう。もしトラブルがあるようであれば、すぐに検索にヒットします。中にはボーナスの仕組みを理解せずに取引をし、騙されたと思って書き込まれる記事もあります。サイトを見ただけでもいくつか怪しいと思える点はあります。

 

例えば海外のサイトなのに英語のサイトが存在しない場合です。それは完全に日本人をターゲットとしているためです。海外のバイオプ業者は住所が私書箱になっているケースがありますが、それ自体はそれほど大きな問題ではありません。住所が私書箱でも規制当局に許可を得ている業者もあります。運営会社がたびたび変わることもありますが、ライセンスの更新がされている場合は危険度は低いでしょう。安全に取引するのであれば、ライセンスを取得している業者を選ぶべきです。無許可の業者を利用する場合は出金できない可能性も考えておく必要があり、多額の資金を入金するのは非常に危険です。

 

出金ができたかどうか報告をアップしているサイトもありますので、安全性はそういった口コミサイトでも確認することができます。2chのようなサイトではアフィリエイト目的での投稿もあるため、あまりあてにならないこともあります。

 

 

日本のデモ口座と同じくらいスピーディーに口座を作れる海外のFX

 

FXでの注文ができる金融会社は、日本だけではありません。国外にもあります。アメリカなどにある金融会社も、それで注文をする事ができます。そして日本と国外の会社には色々な違いがあるのですが、その1つは倍数の高さです。日本に比べると海外の方が、少ない資金で多くの金額を動かす事ができます。一昔前の日本でも、そこそこ大きな金額は動かせるようになっていました。ところがある時に、金融業界に対する規制が発生したのです。最大25倍まででの売買に限定される事になったので、多くの日本人の投資家の方々は海外に移動したのですね。海外の場合は、25倍以上での売買をする事ができるからです。

 

つまり多くのお金を動かせるのが、海外の会社のメリットなのですね。そしてその海外の会社で売買をするためにも、もちろん日本と同様に口座を作る必要があります。その手続きは、ちょっと日本とは異なる一面があるのです。結論から申し上げれば、海外の会社は日本のデモ口座と同じくらい手続きは簡単です。日本でデモ口座を作るとなると、もうその日の内に手続きが完了してしまうでしょう。簡単な必要情報を入力して金融会社に送信をすれば、即日でデモの口座を作る事ができるからです。本番の口座に比べれば、遥かにスピーディーですね。

 

そして海外の会社は、それと同じくらいスピーディーなのです。日本と同じく簡単な情報を入力して送信すれば、もうその日の内にパスワードを送ってもらう事ができます。即日でパスワードを送ってもらえるそのシステムは、本当に早いですね。ただ日本のデモ口座との違いは、書面送付の有無です。デモ口座の場合は、わざわざ書面を送付する必要はありません。しかし海外の会社の場合、やはり書面は送る必要があるのです。しかも日本と違って、2種類以上の書面の送付が必要になるのが一般的です。

 

それと必要情報の入力項目数は、デモ口座に比べれば若干多めになります。しかし気になるほどではないでしょう。やはり非常に速やかに口座を作れるのは、海外のFXの特徴の1つだと考えます。

投資商品を検討している方は、金融会社を選んでいます。沢山の金融会社があるのですが、その中から自分にとって最も最適と思われる所を選別する事になるのです。
ところでその選別基準の1つとして、手数料が挙げられます。なぜなら手数料は、会社によって異なっているからです。
例えばFXの会社Aが手数料は0.4銭になっているとします。それに対して会社Bの場合は、0.6銭といった具合です。もちろん会社を検討している方としては、後者のBを選ぶでしょう。つまり手数料の高低によって、各会社を選別している訳ですね。
ところがその商品は、単純に手数料だけでは比較できない一面があります。手数料の他に、その会社のルールなどで選んでいる方もいらっしゃるのです。
以前にある方が、なかなか興味深い話をしていました。その方が利用している金融会社の場合、手数料はちょっと高めだと感じていらっしゃるのだそうです。ちなみにその方が利用しているのは、日本国内の会社ではありません。いわゆる海外の会社の口座を用いて売買を行っているのですが、そこは手数料がやや高めだと実感しているようなのですね。
手数料が高めなのにそこを選んでいる理由は、少ない資金で大きな金額を動かせるからです。現状の日本のルールでは最大25倍まででの売買になるので、あまり多くの金額を動かせない一面があります。しかし海外の会社の場合は800倍以上での売買をする事ができるので、それだけ多くの金額を動かせるのですね。それに大きなメリットを感じているので、手数料の高さを犠牲にしているのだそうです。たとえ手数料が高めでも、その倍数の大きさの方がメリットが大きいと思っている訳ですね。
このような事もあるので、FXの会社は手数料だけでは選べない一面があります。どの会社も同じように見えて、実はシステムなどは大きく異なっているのですね。ですので各会社の手数料だけに着目をするのではなく、各会社のシステム面などトータル的に考えて、自分に一番最適な金融会社を選ぶと良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/07/15 12:02:15

投資を行う為には、もちろん入金が必要になります。いわゆる証券会社の所定口座などに対して、一旦はお金を預ける必要があるのです。
ところでその入金金額は、ある程度調整した方が良い一面があります。あまり多くの金額を、一度に投資しない方が良い一面があるのです。なぜならそれを行ってしまうと、資産が大きく激減してしまう可能性があるからです。
以前にある方が、それを行ってしまっていました。その方が以前に売買をしていた時には、1回につき50万円ほどの入金をしていたそうです。ある程度まとまった金額ですね。
ところがその方は入金後での売買によって、大きな損失が発生してしまいました。それで上記の50万という金額が、ほとんどゼロに近くなってしまったようなのですね。
この金融商品では、数十万円ほどの動きが発生する事がよくあります。わずか1日で数十万円ほどの動きが発生するのは、決して珍しくありません。人によっては1億円以上の損失が発生している事もあります。FXの怖い一面の1つです。
ちなみにその方にとって、50万という数字はかなり大きいものになります。ですので上記の損失によっての精神的なダメージは、かなり大きかったようですね。それでその方としても、色々と反省したようです。
それを教訓に、その方は次回からの入金金額は低く抑えるようになりました。どれだけ高くても、10万円以下に抑えるように決めたのだそうです。それ以上高くしてしまいますと、上記の50万のような同じ歴史を繰り返してしまう可能性があるからです。
つまりこの金融商品で入金をする金額は、できれば低く抑える方が良い一面があるのですね。特に初心者の内は、あまり多くの金額を入金しない方が良いでしょう。初めの内は入金する金額をちょっと抑えておいて、揺るぎない自信が出てきた時に入金金額を高くするのは良いとは思います。もちろん初心者の方だけでなく、中級者以上の方もそれは同じだと考えます。FXは、あまり多くの額を預けない方が良い一面があるのですね。

続きを読む≫ 2015/07/15 12:02:15

私は現在バイナリーオプションをやっています。去年から始めるようになったばかりなので、まだまだ初心者の部類に入ると思いますが、今のところは順調に勝ちを取ることができています。なぜ順調に勝ち続けることができているのかというと、取引を始める前にしっかりと勉強したおかげなのではないかと思います。
 私は何となく株式売買に悪いイメージを持っていたので、最初はFXに興味を持ちました。でもFXのことをいろいろ調べてみた結果、私のような投資初心者にはハードルが高すぎる投資方法だという結論に達しました。そこで、まずバイナリーオプションをやって外国為替取引に慣れてから、FXを始めるようにしようと考えました。レートが上がるか下がるかを予想するだけであれば、私のような投資初心者でもできるのではないかと考えたのです。
 とはいえ、全く知識もないままに当てずっぽうで通貨ペアを購入するのでは、宝くじを買うのと何の違いもありません。2分の1の確率で当たる可能性がありますが、それに頼ってしまっていたのでは、投資ではなくギャンブルになってしまいます。そこで、業者が提供しているデモ取引画面を使って勉強することにしました。デモ取引で練習を重ねる一方で、独学でテクニカル分析の方法も勉強し始めたのですが、これがかなり難しくて苦戦してしまいました。完全な独学だったせいもあるのでしょうが、いくら経ってもテクニカルチャートを読めるようになれなかったので、シグナル配信ソフトを利用してみました。シグナル配信ソフトというのは、業者が分析したわかりやすいシグナルを投資家に教えてくれるソフトです。有料配信している業者が多いようですが、私が利用した業者は無料でシグナル配信をしていましたので、それを利用してみました。それらを使って勉強を続けているうちに、漠然とではありますが、テクニカルチャートが読めるようになってきました。その段階になってから、バイナリーオプションを本格的に始めたのですが、今のところは大きな損失を出さずに順調な投資をすることができています。

続きを読む≫ 2015/06/30 12:54:30

ここ数年の日本国内の長期金利の水準は、史上最低とも言える低水準になっています。住宅ローンを組んでマイホームを購入する予定がある人は、金利水準が低くなっているので大喜びしているようですが、既にマイホームを持っている私にとっては何のメリットもありません。銀行の定期預金でつく金利は雀の涙ほどのものですので、物価上昇率を考えると資産が目減りしてしまう一方になります。資産と言えるほどの財産を持っているわけではありませんが、このままの状態がずっと続くということになると、老後の生活が心配になってしまいます。そこで、昨年くらいから、資産運用のことを真剣に考えるようになりました。
 ただし、株式売買やFXのような本格的な投資をうまくできる自信はありませんので、どうしたものかと困ってしまいました。安心感が高いのは個人向け国債を買うという方法ですが、国債の金利も銀行預金に毛が生えたレベルになっています。でも、株式を購入して、毎日市場の動向を眺めながら一喜一憂するハメになるのは嫌でした。そんな時に見つけたのが、バイナリーオプションです。外貨を取り扱う金融商品ですが、数分から数時間で判定結果が明らかになるので、FXのようにパソコンにしがみついてタイミングを見計らって売買する必要がありません。また、塩漬け状態になった金融商品を抱え込んでしまう心配もないので、気楽に投資できるのではないかと考えました。
 とはいえ、このような金融商品に投資するのは生まれて初めてのことですので、安全を期して、日本国内のバイナリーオプション業者に口座を開設しました。海外業者の方が利益率が高いと知人に教えられましたが、不安を抱えたままで取引をするのは嫌だったので、国内業者を利用することにしたのです。つい最近取引を始めたばかりなので、まだほんの少ししか儲けていませんが、銀行預金の金利に比べたら雲泥の差となっています。私が利用している業者では、ラバーダイナリーとレンジバイナリーの2種類の方法で投資ができるようになっているので、その時々の状況によって使い分けをしています。

続きを読む≫ 2015/06/30 12:54:30

私は、働き始めてから小銭貯金をし始めました。貯金箱がいっぱいになったら、何かに使おうと思い、貯めていましたが、ようやく貯金箱がいっぱいになりました。しかし、特に欲しい物は無く、どうしようかと悩んでいた時に出会ったのが、バイナリーオプションでした。
実は、以前にもバイナリーオプションは少しだけ行なったことがありましたが、その時はあまり良い結果ではなく、しばらく取引はやめていました。銀行に預けても、金利はほとんど付きませんし、良い機会だと思いバイナリーオプションを再開しました。
以前取引に利用していた業者ではなく、新しい業者にしようと思い、いろいろを探しました。国内はもちろん、海外の業者も視野に入れ探しました。私が選んだのは、比較的新しく出来た海外の業者でした。海外の業者というと、出金手続きが出来なかったり、様々なトラブルが発生するという声もあり、不安に感じ、取引予算は少なめにしました。
取引をする前にいくつかのルールを決めました。まず、取引を行う時間帯は、出勤前の朝の時間帯に行うことにしました。私は他の人に比べて、朝早く起きるため、勉強や運動を朝に行うことが多かったのですが、この時間の一部を取引にあてることにしました。夜は、仕事で遅くなる可能性もあり、ゆっくりと取引を行うことが出来ないと思ったのも朝にした理由です。
取引の勝敗の傾向を明確にするため、取引記録を自分なりに書くようにしました。毎日取引を行うわけではなく、時間に余裕があるときにだけ取引を行うようにしていますが、結果は、マイナスではないというところです。大きな利益を出すことは出来ていませんが、損失も出ていないので良しとしています。
バイナリーオプション業者は、1度他のところに変えています。業者により、サービス内容や出金手続きが異なるので、注意が必要だと感じています。有名だから安心することが出来るわけではないということも知ることが出来ました。

続きを読む≫ 2015/06/30 12:54:30